三大感染症とは

世の中には様々な病気が存在します。
自分では気づけない程度の軽い病気から命に関わるような重い病気まで様々です。
また、病気の中には人に感染する病気と感染しない病気があります。
感染しない病気は関係ありませんが、感染する病気は意識することで防ぐことが可能です。

この感染する病気で特に患者が多いのは三大感染症と言われています。
この三大感染症とはエイズ、結核、マラリアです。
これらは死亡する患者が多く、感染力も強いと言われています。
三大感染症は性病においても存在します。
それがエイズ、クラミジア、ヒト乳頭腫ウィルスです。
現在はこの三つが世界的に大流行しています。
またこれだけではなく、性病自体が増加していると言われています。
女性に多いのはトリコモナス膣炎です。
これはトリコモナス原虫が主に膣内に寄生して症状があらわれます。
性行為によって感染するものですが、トイレの便座や風呂などで感染することがあるのです。
性行為に関係なく感染する場合があるので、防げないこともあるわけです。
この病気は男性にも症状があらわれることがあります。
基本的には少ないですが、まれに尿道炎を起こすことがあるのです。
女性の場合は臭いのある黄色いおりものが出て、炎症を起こします。
また、強いかゆみを感じることもあります。

これを治療するには薬が必要です。
それがクラビットです。
この薬は病原菌の増殖を防ぐという働きで菌を死滅させるのです。
また、副作用が少ない薬です。
多くの性感染症にも利用されているのです。

性感染症にならないためにも不特定多数の相手と関係を持たないこと、病気の知識や予防法を知ること、また病気の疑いがある場合はすぐに病院に行くことが必要です。

▼感染者の多いヘルペスの治療薬はこちら
バルトレックスの価格